お問い合わせ
2022年1月23日

1歳児さんのおやこ組での姿

よちよち歩きが始まり、自分で移動できることが嬉しくてたまらない時期。外の世界への興味も広がります。ひたすら土を掴んでサラサラと落としてみたり、落ちてる枝や葉っぱを口に入れてみたり、感触あそびを楽しみます。1歳後半になると、お友だちとのトラブルも増えてくるかもしれませんね。相手への興味が勝り、強く押しすぎてしまったり、衝動的に相手の物を取ってしまったり…ヒヤヒヤする場面も増えてくるはず。大事になる前に、しっかりと大人が介入し環境を切り替えることがポイントです。まずは気持ちを受け止めて、禁止語「ダメ!」ではなく、トライ語「こうしてみようか!」で接してみましょう。お母さんが我が子の代弁者となって「今使ってるからちょっと待ってね」と相手に伝えてあげることも大切です。禁止語ばかりだと、「お友だち=邪魔者」となってしまいますが、こうして「心地よい人とのつながり方」を繰り返し見せてあげることで、子どもは学んでいきます。自我が芽生えてくるこの時期こそ、安心できる人とのつながりの中で、ゆっくりと育んでいきましょう。

 

おやこ組FAQ(よくあるご質問)はこちら

facebook