お問い合わせ

安全管理

安全管理の考え方

「ころばないように!」「あぶないからやめなさい!」「ケガするよ!」
いしころえんではあまり使わない言葉たち。

子どもの成長は円で表すことができます。中心に子どもが立っているとしましょう。そこを取り囲む一番内側の部分が、その子が既に知っていること・出来ること=現状です。子どもはそこから外側へ向けて、今よりも少し難しいこと・少し勇気のいるチャレンジゾーンへ足を踏み入れては戻りを繰り返し、少しずつ出来ることを増やしていきます。自由意思による選択を繰り返す過程で、自分で危険を予測したり回避する力もまた(知識だけでなく)身に付けていきます。

安全ばかりを重視した守りの活動ではこのような成長の輪は広がりませんし、かと言って過度に危険な活動になることも、子どもたちの学びや育ちにつながるとは思えません。私たちは、体験を通して子ども自身が考え気づく機会を奪わないようにし、それらの経験を生きる力につなげたいと考えています。その為に活動のなかで生じる「危険」を見極め、子どもたちが学び・育つ場としてバランスの取れた安全管理を目指しています。

 


危険には2種類ある

自然のなかで活動するということは、ある一定の危険が生じることもまた事実です。その危険をどう捉えるかがポイントであり、森のようちえんではそれらの危険を「リスク」と「ハザード」という概念に切り分けて対応しています。

1)リスク
子ども自身が乗り越えることができ、学びや育ちにつながる危険
安易に排除するのではなく、子どもへの働きかけによってリスクレベルを下げたり、許容できる環境を整備する。

2)ハザード
子ども自身で想定できず、大きな事故や命に関わる事態につながるような危険
子どもに体験させてはならない危険であり、大人によって排除する。

例えば長い枝を持って遊ぶことはリスクと捉え、禁止はしません。かと言って放っておくわけではなく、その都度 状況に合わせてまわりの子への配慮を伝えたり、場所の移動を提案するなどして、子どもと一緒に考えるようにします。一方でハザードというのは、豪雨の予報があるのに川遊びを実施したり、毒のある動植物だと分かっていながら制止しない、ということです。

このような基本的な考えのうえで、すり傷や切り傷、虫刺され等の小さなケガは日常的にあるとご理解いただきたいと思います。
また、お友だちとの関わりのなかで傷つけられるリスク・傷つけるリスクも発生します。これもまた、その時その時の関係性や危険の内容を見極めながら対応していきます。

危険というのは人によって解釈や許容範囲が違うものですから、保育者と保護者はチームとなって、情報や思いの共有を密にしていくことが大切です。子どもたちがのびのびと活動できる環境を支えていく為に、大人たちもまた主体的・対話的な姿勢で安全管理に向き合っていきましょう。

 


森のようちえん団体安全認証団体

「森のようちえん団体安全認証制度」は、所定の基準を満たした団体会員に対して、NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟が認証するものです。野外保育や自然体験活動の安全・知識を普及活動し、森のようちえん活動が安全に行われ、子どもたちの健やかな活動を支援することを目的とします。(NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟公式サイトより)

いしころえんでも、森のようちえん全国ネットワーク連盟主催の安全講習会(6時間)、そして上級救命講習(8時間)を修了し、傷害保険および賠償責任保険や安全管理マニュアルを整備する等し、認証を受けることが出来ました。この制度は2年に一度の更新になっておりますが、今後も形だけの取り組みにならぬよう、継続して講習の受講やマニュアルの見直し等を行い、研鑽に努めていきたいと思います。

 


緊急時の対応について

このような救急バッグをスタッフが常備しております。中身は【絆創膏、タオル、ティッシュ、冷却剤、レジ袋、ガーゼ、テープ、はさみ、毛抜き、三角巾、体温計、ポイズンリムーバー、アイシングスプレー】等を入れています。その他に水道水をペットボトルに入れたものやポリエチレン手袋を各自で携帯しています。

活動中に発生したケガにつきましては、軽度のものは応急手当、中度のものは応急手当したうえで保護者の方に医療機関に連れて行っていただきます。大きなケガや重篤な症状、生物に噛まれた場合等は、躊躇せずに救急車を呼びます。

活動中に発生しました事故やケガに関する保障につきましては、いしころえんが加入している保険の保障範囲内で対応いたします。

 


その他(ようちえん組での園児の健康管理及び安全管理等)

2020年12月より認可外保育施設として大阪府の指導を受け、毎月の避難訓練、活動中の一斉給水や点呼を行っております。
また、毎月の身体測定及び、毎年の園児健康診断を実施し、園医と連携しながら園児の健康管理を行っています。

facebook