お問い合わせ

森のようちえんの特徴

カラダ
晴れの日も雨の日も、暑い日も寒い日も、
自然の方に自分を合わせ、四季のリズムを感じながら過ごします。
でこぼこ道や斜面を駆け抜ける日々により、健康でたくましいカラダが育まれます。

ココロ
感じられるココロを育みます。
自然の神秘や不思議さにココロふるわせる ”センス・オブ・ワンダー”
そして、”快・不快” 体感する日々は、自分を生きる土台となるでしょう。


創造力、協働力、主体性、危機管理力などの
人間力の獲得に不可欠なのは、幼児期の体験の積み重ね。
森には、気づき・感じ・空想する種が無限にちりばめられています。

自然のなかで、子ども、親、保育者が、ともに育ち合います。
”信じて待つ”ことは、互いの世界を広げること。大人は「べき」を手放し、
子どもは一層「らしさ」を輝かせます。
facebook